コレクション展江戸のダンディズム 刀から印籠まで

江戸のダンディズム

江戸の伊達男たちを飾った珠玉の世界。
太平の江戸の世では、刀剣やその拵は、男性にとって持ち主の身分や教養、季節を感じさせる「こだわりのアイテム」として位置づけられるようになりました。
意匠を凝らしたものが競ってつくられ、印籠や根付も同様の発展を見せました。
当館所蔵の刀剣・刀装具・印籠のコレクションから選りすぐりの約100件をご覧ください。

フライヤー情報

カテゴリ
美術
ターゲット
  • 学生
  • 社会人
  • 男性
カラー
  • 灰・グレー
テイスト
  • 和風
メイン素材
  • 写真
特長

イベント情報

開催場所
根津美術館
開催期間
2015年5月30日~2015年7月20日

Ad

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加