金子みすゞ・金澤翔子 ひびきあう詩と書

金子みすゞ・金澤翔子

身の回りにある小さなものに命を吹き込み、優しさあふれる詩を残した童謡詩人・金子みすゞ。
代表作に「こだまでしょうか」「私と小鳥と鈴と」など、その詩は小学校の国語の教科書に紹介され、「この世に無用のものはない」という彼女の深いまなざしは、多くのファンの心をとらえています。

フライヤー情報

カテゴリ
美術
ターゲット
  • 全年代
カラー
  • 緑・グリーン
テイスト
  • シンプル
メイン素材
  • 写真
特長

イベント情報

開催場所
福岡県立美術館
開催期間
2015年6月20日~2015年7月26日

Ad

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加