KURODA SEIKI 特別展 生誕150年黒田清輝

黒田清輝

「湖畔」で広く知られ、日本美術の近代化のために力を尽くした黒田清輝(1866-1924)の生誕150年を記念した大回顧展です。フランスへ留学した黒田は、師ラファエル・コランや同時代のフランス絵画に刺激を受けながら、サロンに入選を果たします。帰国後には印象派風の明るい光の表現を取り入れた黒田の画風が、日本の洋画界に新風を拭き入れました。さらに東京美術学校で教育を任され、日本洋画のアカデミズムを築きます。そして日本美術を国際的に認められるものにしようと苦闘しながら製作にはげんだのです。
この展覧会は師コランやミレーなど、フランスで出会い導かれた作品を合わせて展示しながら、留学時代の「読書」「婦人図(厨房)」や帰国後の「舞妓」「智・感・情」などの代表作によって黒田清輝の画業全体を振り返ろうとするものです。

フライヤー情報

カテゴリ
美術
ターゲット
  • 全年代
カラー
  • 白・ホワイト
テイスト
  • シンプル
メイン素材
  • 絵画
特長

イベント情報

開催場所
東京国立博物館 平成館
開催期間
2016年3月23日~2016年5月15日

Ad

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加