逆境の絵師久隅守景 親しきものへのまなざし

久隅守景

久隅守景は、江戸時代を代表する絵師の一人であり、狩野派中興の祖として知られる狩野深幽に師事し、深幽門下四天王の筆頭と目されるまでになりました。守景は深幽の姪・国と結婚し、二人の子供を儲けますが、娘の雪信は駆け落ちをし、息子の彦十郎は佐渡へ島流しになるなど、身内の不祥事が続いたため、深幽のもとを離れたといわれています。

フライヤー情報

カテゴリ
美術
ターゲット
  • 全年代
カラー
  • 白・ホワイト
テイスト
  • 和風
メイン素材
  • 絵画
特長

イベント情報

開催場所
サントリー美術館
開催期間
2015年10月10日~2015年11月29日

Ad

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加