駅弁からななつ星水戸岡鋭治デザインワンダーランド

水戸岡鋭治デザインワンダーランド

水戸岡鋭治は1947年、岡山県生まれのイラストレーター、工業デザイナーです。1972年にドーンデザイン研究所を設立し、駅や図書館などの公共建築や鉄道車両から駅弁の包装紙に至るまでさまざまなジャンルのデザインを行ってます。なかでもJR九州の駅舎、車両のデザインは、広く注目を集め、ブルネル賞・ブルーリボン賞など多くの賞を受賞しています。主な作品にJR九州の新幹線800系やクルーズトレイン「ななつ星in九州」などがあり、また、本年4月には、「大分銀行宗麟館」、大分駅ビル「JRおおいたシティ」が相次いでオープンしています。
本展では、この水戸岡の魅力的な「仕事」の数々のデザイン画、パネル、調度品などで紹介します。また、会場内にはミニSLが走り、すべり台や木のプールが設置されるなど、子供たちがデザインの素晴らしさを体感できるコーナーも設置します。鉄道やデザインに興味がある方はもちろん、家族でも楽しめる展覧会です。水戸岡が織りなす「デザインの旅」をご堪能ください。

フライヤー情報

カテゴリ
美術
ターゲット
  • 全年代
カラー
  • 黄・イエロー
テイスト
  • ポップ
メイン素材
  • イラスト
特長

イベント情報

開催場所
大分市美術館
開催期間
2015年7月11日~2015年9月27日

Ad

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加