生賴範義展Ⅱ 記憶の回廊

生賴範義展Ⅱ

想い出せ、生賴範義が描いた未来の記憶を・・・
2014年2月に開催した(生賴範義展THE ILLUSRATOR)は、国内外から好評を博しました。2度目の大規模展となる今回は、1966年から1984年の仕事に焦点を当てご紹介します。講談社を中心とする新聞広告・雑誌の表紙・挿絵をはじめ、平井和正の幻魔大戦・ウルフガイシリーズや、小松左京の装丁用イラストのほか、マッドマックス2の映画宣伝用作、生賴の母校に寄贈した大作『我々の所産』など多数。またSFアドベンチャーの表紙を飾った91人の美姫、”画家”生賴範義が仕事の合間を縫って描き続けたアトリエの所蔵の未公開作を含む油彩や資料など、あわせて約260点を一挙公開

フライヤー情報

カテゴリ
美術
ターゲット
  • 全年代
カラー
  • 赤・レッド
  • 黒・ブラック
テイスト
  • ミステリアス
メイン素材
  • 絵画
特長

イベント情報

開催場所
みやざきアートセンター
開催期間
2015年7月9日~2015年8月30日

Ad

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加