最後の印象派 1900-20’s Paris

最後の印象派 1900-20’s Paris

本展覧会は、印象主義や新印象すぎといった前世紀のスタイルのスタイルを受け継ぎながら、親しみやすく甘美な作品を描いたカリエール、アマン=ジャン、ル・シダネルら20世紀初頭のパリで活躍した芸術家たちの作品をご紹介する展覧会です。彼らはフォーヴィスムやキュビスム等の前衛的な芸術運動に加わらなかったため、モダニズムを主体とする美術史の視点からあまりとりあげられることがありませんでした。

フライヤー情報

カテゴリ
美術
ターゲット
  • 全年代
カラー
  • 橙・オレンジ
テイスト
  • シンプル
メイン素材
  • 絵画
特長

イベント情報

開催場所
開催期間
2017年8月20日~2017年8月20日

Ad

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加