金谷美術館開館5周年特別企画アートで見る南総里見八犬伝展

アートで見る南総里見八犬伝展

「南総里見八犬伝」は江戸時代後期の戯作者、曲亭馬琴が28年の歳月をかけて完成させた、全98巻106冊の日本古典文学最大級の長篇小説です。安房国(現在の千葉県南房総地域)領主・里見家と不思議な縁で結ばれた8人の”犬士”が活躍する長大ドラマは、江戸時代のベストセラーとなり多くの浮世絵に描かれました。

フライヤー情報

カテゴリ
美術
ターゲット
  • 全年代
カラー
  • 赤・レッド
テイスト
  • インパクト
  • 和風
メイン素材
  • 絵画
特長

イベント情報

開催場所
金谷美術館
開催期間
2015年6月11日~2015年9月13日

Ad

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加