藤田美術館の至宝国宝 曜変天目茶碗と日本の美 名品ずらり。めっちゃええやん!

国宝 曜変天目茶碗と日本の美

明治の実業家・藤田傳三郎氏(1841~1912)は、明治維新後、廃仏毀釈によって仏教美術品が失われる危機を憂慮し、仏像や仏画などの文化財保護に尽力しました。また、数寄者であった氏は、茶道具に対しても卓抜な鑑識眼をもち、「交趾大亀香合」をはじめ、稀代の逸品を収集しました。

フライヤー情報

カテゴリ
美術
ターゲット
  • 全年代
カラー
  • 白・ホワイト
テイスト
  • シンプル
メイン素材
  • 写真
特長

イベント情報

開催場所
サントリー美術館 六本木・東京ミッドタウンガレリア3階
開催期間
2015年8月5日~2015年9月27日

Ad

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加