南太平洋 乗り越えられる、愛ある限り・・・

南太平洋

第二次世界大戦のさなか、従軍看護婦のネリー(藤原紀香)は、島の農園主エミール(別所哲也)と出会い、年上で教養ある紳士のエミールに徐々に惹かれてゆく。この島は最前線と離れており、島の女ブラディ・メリーは兵隊相手にみやげ物を売っている。一番の上客はお調子者のルーサー・ビリス(大川陽介)。そこのケーブル中尉が敵地の偵察作戦のためにやってくる。ケーブルはエミールに同行を求めるが、叶わず作戦は一時棚上げ。ケーブルは、ルーサー・ビリスに誘われているバリ・ハイ島で休日を過ごし、島の娘と運命的な出会いを果たす。ネリーはエミールとは生まれや育ちが異なることを不安に感じ、またエミールの過去を知り動揺し、島からの転属を大佐に願い出る。それを知ったエミールは危険な作戦への同行を了承する。やがて、戦況は激しくなり、島から兵隊と看護婦が最前線に送り出されていく。やがてネリーは、一番大切なものが何かわかってくる

フライヤー情報

カテゴリ
演劇
ターゲット
  • 全年代
カラー
  • 橙・オレンジ
テイスト
  • シンプル
メイン素材
  • 人物
特長

イベント情報

開催場所
iichiko総合文化センター iichikoグランシアタ
開催期間
2015年8月6日~2015年8月6日

Ad

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加