新・殺人狂時代

新・殺人狂時代

鐘下辰男の『殺人狂時代』は、レジナルド・ローズの名作『12人の怒れる男』をモチーフに、流山児祥:演出で2002年、本多劇場で上演しました。9・11以降の「テロ」という言葉が日常化した当時に「傭兵たちの叛乱の物語」を描き、「有事関連法案、個人情報保護法案などが国会で審議される今の時代の「気分」が、見事に射抜かれていている舞台」(毎日新聞劇評:高橋豊)、「アメリカの『正義』が世界を巻き込み、有事法制が議論される時代に登場した激しく熱いディスカッション劇」(朝日新聞社劇評:今村修)、と高い評価を得ました。

フライヤー情報

カテゴリ
演劇
ターゲット
  • 全年代
カラー
  • 白・ホワイト
テイスト
  • クール
メイン素材
  • イラスト
特長

イベント情報

開催場所
下北沢 ザ・スズナリ
開催期間
2015年6月24日~2015年6月28日

Ad

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加