第6回現代ガラス展in山陽小野田

第6回現代ガラス展in山陽小野田

山陽小野田市は窯業のまちとして発展してきました。古代には「須恵器」の生産地として賑わい、明治になると「硫酸瓶」など製陶業が盛んになりました。
明治14年には国内初の民営セメント会社が設立されています。
窯業を伝承しつつ新しい市の文化を創造し全国へ発信するために、本市出身のガラス作家、竹内傳治氏と窯業のひとつであるガラスに注目。
平成12年に「日本の現代ガラス展」を開催、翌年からは公募展「現代ガラス展」を3年に一度開催しています。

フライヤー情報

カテゴリ
その他
ターゲット
  • 全年代
カラー
  • 黒・ブラック
テイスト
  • シンプル
メイン素材
  • その他
特長

イベント情報

開催場所
おのだサンパーク(2F大催事場)
開催期間
2015年7月4日~2015年8月23日

Ad

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加