北 杜夫 どくとるマンボウの生涯

北 杜夫

『楡家の人びと』や「どくとるマンボウ」シリーズなどユーモアあふれる作品を多数残した小説家、北杜夫(1927~2011)。北は、厳格な父・斎藤茂吉に課された医者の道を歩みながら、小説を執筆しました。そのようにして書かれた『幽霊』や『夜と霧の隅で』といった初期の文学作品は、その文体やテーマ、想像力などの点で、読者から高い評価を得ており、現役の作家にも深い影響を与えています。

フライヤー情報

カテゴリ
その他
ターゲット
  • 全年代
カラー
  • 青・ブルー
テイスト
  • シンプル
メイン素材
  • 写真
特長

イベント情報

開催場所
仙台文学館
開催期間
2015年4月25日~2015年6月28日

Ad

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加